News Letter from Carmel #13

no.13 スーパー・ボウル・ビレッジ

 スーパー・ボウルは、アメリカ全米フットボールリーグを形成する2つのカンファレンス、AFC(アメリカン・フットボール・カンファレンス)とNFC(ナショナル・フットボール・カンファレンス)の優勝チームが全米1位をかけて争う、アメリカ最大のスポーツイベントです。
 開催地は入札によって決められます。今年は河内長野市の姉妹都市であるカーメル市のあるインディアナ州の州都、インディアナポリスで開かれました。ゲーム開催直前の地元のようすを、カーメル姉妹都市委員会会長、バーバラ・モジャーさんがご紹介します。
 今年は2月5日にゲームが行なわれ、ニューヨーク・ジャイアンツが優勝しました。優勝チームはホワイト・ハウスに招待されるのが慣例となっているそうです。

 スーパー・ボウル・ビレッジは2月5日に開催されるスーバーボウル・フットボールゲームの2週間前から開かれているお祭りで、何千もの人々がインディアナポリスの中心街を訪れます。

フットボールのチームカラーに塗られたレース・カー

 ビレッジには音楽ショーのステージ、売店、ゲームコーナー、選手のサインやトロフィーの展示などがあり、またビレッジからニュースショーが報道されています。インディ500のレース・カーが各フットボールチームの色に塗られて展示されています。ジップ・ライン (Zip Line) という催しが大人気で何時間も並ばないといけません。ジップ・ラインでは、7〜10階ぐらいの高さのタワーに階段で上りジップ・ラインのタワーハーネスで体を固定し、何百フィートもケーブルを伝ってもう一方のタワーへと空中を渡っていきます。係員の人がハーネスを付け送り出してくれ、反対側では到着した後ハーネスを外してくれますが、本当に恐ろしい催しで、ジップ・ラインの会社はいったいいくら位の保険をかけているんだろうと興味が湧きます。

 8,000人以上のボランティアが市内中心部で活動し、訪れる人々の質問に答えたり、市街地の地図を配ったりなどしています。彼らはユニフォームを着ていて手編みのスカーフを首にしています。このスカーフは全米で編まれ、スーパーボウルのマークが縫い付けられています。 ゲームのチケットは数百ドルしますし、2,000ドルするものもありますが、完売です。本土安全保障局やFBIは、複雑なセキュリティを市内に設置しています。報道センター

 ダウンタウンの空きビルは天候が悪い場合に備えて『暖かステーション』になっていたり、新しいナイトクラブになっていたりします。 非常に多くの有名な音楽グループが、この2週間、無料で屋外ステージ、ナイトクラブやバーで演奏しています。

ダウンタウンはお花でお祭り気分 インディアナ州の子供たちは大きな絵はがきを作り旅行客を歓迎し、自分たちのお気に入りのインディアナポリスの場所も書いています。これらのカードはすべてのホテルやレストランに置かれています。 また、レストランではコンピュータ・プログラムで、どのレストランの待ち時間が少ないか検索できます。

 夜には市内中で趣向の凝らされたパーティーが開かれています。入場料1,000ドルというところもあります。プライベートなものもあり、そこでは招待状が必要です。 フットボールスタジアムのオーナーは昨晩カーメルの自分の邸宅でパーティーを開き1,400人が参加したとか。

 ゲームのトロフィーも展示されています。銀メッキするのに4ヶ月かかり、制作には25人の銀細工師があたるそうです。

 インディアナポリスの郊外でも音楽や花火ショー、コンテストやゲームをメイン通りで催して、ダウンタウンの混雑をあとに郊外に繰り出してくる旅行客に期待しています。

インディアナポリスのホテルの1つ 新聞、テレビなどで報道されるにつけ、インディアナポリスの住民はじっとしていられず、毎日のようにお祭り気分でスーパー・ボウル・ビレッジやレストランに出かけていくのです。駐車場はご想像通り混雑でひどい状態で、訪れる人々のためにバスが活躍しています。

 天候は信じられないくらいです・・・穏やかで、雨は降らず、雪も降らず氷もない・・・インディアナポリスにとっては本当にめったにないことです。
記念撮影をする旅行者や市民

バーバラ・モジャー 2012年2月3日

ルーカス・オイル・スタジアム

通りに設置された横断幕

ビレッジの夜景

The Super Bowl Village is built or designed to be a type of festival that people can experience for two weeks before the Super Bowl Football game, to be held February 5. Thousands and thousands of people have spent time downtown to view this Village.

The Village has stages for music performances, concession stands, interactive games, autographs, view the game trophy, TV news programs have been done from the Village, 500 Race cars have been repainted to represent every football team in the NFL and placed in different parts of the city, and the "zip line" is an attraction where you have to wait in line for hours because it has been so popular. You climb the stairs in a platform until you are 7-10 stories above the ground, you are strapped into a harness, and then you are sent (on a wire) across the tops of buildings in the air, hundreds of feet, to another tower where you then stop. There are attendants to help you with the harness, get you started, and get you out of the harness when you finish. It is absolutely so scary, and I would be curious as to what amount of insurance the zip line company carries!!

The Bowl game has proven to be an extremely positive experience for Indianapolis (you have to "bid" for it like Osaka did for the Olympics), and we have been very lucky to have the most unusual warm weather in years, so people have been outside enjoying many activities.

Over 8,000 volunteers are helping downtown, being "hosts" for out of town visitors, answering questions, giving city maps to visitors, etc. All of them are wearing special uniforms, plus each has a hand knit scarf around their neck. The scarves were knit by thousands of people all over the U.S., and there is a Super Bowl patch sewn into each scarf. The scarves were given to the visiting football team members, their coaches, and other prominent people in town.

Tickets to the game were costing several hundred dollars, and some as much as $2,000. All are sold.

Homeland Security and the Federal Bureau of Investigation have made an elaborate security system of the city, and are housed in a new building.

Vacant buildings in downtown Indianapolis have been made into "warming stations" in case of bad weather, or some are new nightclubs.

Many, many famous musical groups have been performing on outdoor stages for two weeks......free of charge. In the nightclubs and bars, too.

Children from all over Indiana have made large postcards, welcoming visitors, and the children wrote their favorite place to visit in Indianapolis. These cards were placed on every hotel bed, in restaurants, etc.

Computer programs have been set up in restaurants so that you can find which restaurant has the shortest waiting time.

There are very elaborate parties all over the city at night. Some are charging as much as $1,000 to enter. Some are private parties and by invitation only. The owner of the football stadium had a party last night in his palatial Carmel mansion, and 1400 people attended!!

Suburbs of Indianapolis are providing evening entertainment (music, fireworks shows, contests and games on their main streets, etc.) hoping that some out of town visitors will venture into the suburbs if downtown gets too crowded.

The entire publicity in newspapers, TV, etc. has made Indianapolis residents and outlying areas so excited, they have gone downtown each day in a festival mood to visit the Super Bowl Village, restaurants, etc. Parking is awful, as you can imagine, so buses have been brought into the city to try to transport visitors. New buildings, roads, etc. were built in the Super Bowl activity area, that will be permanent updates to the city.

Weather has been unbelievable.........mild, no rain, no snow, no ice.......extremely unusual for Indianapolis.

Barbara 2012 Feb. 3



びょうき、しゅっさん、こそだて、がっこう、てつづき



年会費

■個人会員
 ・一般:2,000円
 ・学生(高校生を除く):1,000円
■高校生:無料
■家族会員  3,000円
■団体会員 10,000円

河内長野市国際交流協会

〒586−0025
河内長野市昭栄町7−1
市民交流センター(KICCS)3階
Tel: 0721-54-0002
Fax: 0721-54-0004
Mail: office@kifa-web.jp