News Letter from Carmel #8

no.8 Yujo(友情)の庭

 カーメルの市庁舎近くの新しい日本式庭園では、入場門(数寄屋門)に掲げられた姉妹都市交流のシンボル「友情」の文字があらゆる国の人々を招き入れています。

庭園の整備が進み、市民にその存在が知られるにつれ、市の多くの行事がこの日本式庭園近辺で行われるようになってきています。夏の間、土曜日の朝には ファーマーズ・マーケット(農家の市場)が開かれ、近隣の農家が、庭園に隣接する場所に農産物を運び、屋台で販売します。客は買い物を終えると、庭へと歩を進め、ゆったりと静かなひとときを楽しみます。当日は音楽の催しも開かれ、つい最近は、インディアナポリスから来た、伝統的なコスチュームに身を包んだバグパイプの一団が、日本式庭園で演奏しました。何と国際色豊かな情景でしょう!音楽が流れる中、子供たちは鯉にエサをやったり、ボーイスカウト、ガールスカウトたちの一団は、自然観察学習を行いながらスタンプラリーを楽しみました。また、結婚式の服装のままの新婚カップルが、庭を背景に記念撮影を楽しんでいました。

 庭園の開発担当の委員会では、月例会で庭園についての勉強会を開いています。最近の会では、一般公開で「鯉」についての講演会を開きました。委員会は、庭には完成ということはなく、常に発展し変化していくもの、という理念にもとづき活動を続けています。

 たくさんのご感想を日本式庭園を訪れた人々からいただきました:

「あの冴えない土地がこんなにも美しい場所に変わるとは、夢にも思わなかった」・・・ホワイト一家
「最近この庭の存在に気がつき、その美しさと平和的雰囲気の虜になりました。この宝のような庭を実現させてくださった方々に感謝します」・・・ランドール一家
「この庭は静かで魅惑的な雰囲気を与えてくれます。河内長野市の友情に感謝いたします」・・・マイヤー一家
「これからは、桜の花が咲きハナミズキの木が高く生長し、新しい世代の人々がここを訪れ、庭の景色を楽しむことでしょう」・・・ジェフ・ウォレル
「この一帯は、私たちの国際色豊かな市をさらに発展させる....」・・・ブレナード市長が地域の雑誌で語る

河内長野市民のみなさん、ありがとうございます!皆さんからの数寄屋門と石灯籠は、 日本式庭園の夢の実現に、 とても大きな力となりました。どうぞカーメルに来られて新しい庭園に足を運ばれ、私たちの友情を感じてください!

Carmel’s new Japanese-style garden near Carmel City Hall, welcomes visitors of all nationalities with the entry gate’s Japanese characters proclaiming our cities’ symbol of friendship: “Yujo.”

Many city activities have become centered around the garden since its more advanced development and the citizens’ increasing awareness of its location. During summer months, on Saturday mornings, nearby area farmers bring their home-grown produce to the space adjacent to the garden, sell at their booths, and as customers conclude their shopping, they will stroll into the garden for mediation and relaxation. The Farmers’ Market musical entertainment recently included an authentically dressed, bagpipe playing group from Indianapolis, performing in the garden. What an international picture this made! During the music, young children fed the Koi, and Boy and Girl Scout groups studied nature and fulfilled badge requirements. At the conclusion of the Farmers Market day, a newly married couple in their wedding dress, used the garden as a backdrop for formal pictures.

The Carmel committee responsible for developing the garden is continuing garden education during their monthly meetings, and had a speaker on Koi at a recent gathering, open to the public. The committee’s belief is that a garden is never finished…..it continues to grow and change.

Many comments have been made about the garden by visitors:

“I never dreamed such a drab piece of land could be transformed into such a beautiful area.” --- The White Family
“We recently discovered the garden, and we fell in love with its beauty and peacefulness. Give our thanks to all those responsible for this treasure.” --- The Randall Family
“The garden gives such a calming and inviting atmosphere. Thank you Kawachinagano City for this friendship gesture.” --- The Myer Family
“Years from now, when the Cherry Blossom and Dogwood trees are standing tall, a new generation of visitors will enjoy their first glimpse of the garden.” --- Jeff Worrell
“This area helps to expand our internationally flavored city…….” --- recently quoted by Mayor Brainard in an area magazine

Thank you, Kawachinagano citizens, for your very important part in making our Japanese-style garden dreams come true with your gate and lantern gifts. Please come to visit our city and the new garden, and experience our feelings of Yujo!



びょうき、しゅっさん、こそだて、がっこう、てつづき



年会費

■個人会員
 ・一般:2,000円
 ・学生(高校生を除く):1,000円
■高校生:無料
■家族会員  3,000円
■団体会員 10,000円

河内長野市国際交流協会

〒586−0025
河内長野市昭栄町7−1
市民交流センター(KICCS)3階
Tel: 0721-54-0002
Fax: 0721-54-0004
Mail: office@kifa-web.jp