News Letter from Carmel #7

no.7 姉妹都市15周年によせて

 2009年の春、河内長野市とカーメル市は姉妹都市提携15周年を迎えます。この間、様々なできごとがあり、世界中で変化が見られますが、お互いの市民間の友情は変わることなく強く意義深く、将来も引き続き多くのことをお互いに新しく発見したり、様々な新しい交流がうまれることでしょう。お互いの文化についての理解を深めることができたことは、皆さまのおかげであり感謝の念でいっぱいです。

 KIFAリポートへの投稿などを通して、これからもカーメル市や、そこで起きていることなどについて、より良く知っていただきたいと思います。

カーメルの成り立ち 

 1837年に旧図書館インディアナポリスの北にベツレヘムという町ができ雑貨屋が建てられました。1846年にはさらに郵便局が建てられましたが、インディアナ州にはすでにベツレヘムという名前の町がある新図書館ことが分かり、住民達は名前を変更することにしました。聖書に出てくるマウント・カーメルはどうかと言う人がいました。しかしながら、その名前の町もすでに存在していましたので、人々は「マウント」の部分をとって、「カーメル」を町の名前に選びました。(これが市の名前の由来です。)

カーメル市民を統計的にみると・・・

56%が大学を卒業している
3人家族が平均的である
42%の家庭に18歳以下の子供がいる
7%が自分は少数派の中でも最大のアジア系であると自覚している
51%の世帯の年間所得が75000ドル以上である
60%の住民がホワイトカラーの仕事に就いている

「カーメルは安全で快適な地域です。行政は活発で責任感があり、企業・行政・市民の間には、真の調和があります。」とカーメル消防団長、キース・スミス氏が最近語ってくれました。
 どうぞカーメルにお越しください。皆さまをいつでも歓迎いたします!

バーバラ・モジャー



カーメルの街角にて

 In the Spring of 2009, Kawachinagano City and Carmel will be celebrating a 15 year anniversary of our relationship as sister cities.  Many world events have occurred during that time, with changes happening all over the world, but our friendship with each other’s citizens has remained strong and meaningful, with a future that will be full of continued discoveries about each other, and additional exchanges of many kinds.  Thank all of you for your help in our progress of learning about each other’s cultures.

 We will continue to make you better acquainted with the city of Carmel and its latest activities, as we have done recently in contributing to your newsletter. 

 In 1837, the town of Bethlehem was laid out north of Indianapolis, and a general store was built.  A post office followed in 1846, and residents learned there already was a town in Indiana named Bethlehem, so the small community had to be renamed.  Someone suggested Mount Carmel, a biblical reference. However, again, a town already existed with that name, so the citizens dropped the name “Mount” and chose the name Carmel. 

Some interesting facts about Carmel residents:

56 percent have completed a college degree.
3 members is the average family size in Carmel.
42 percent of the households have children under the age of 18.
7 percent identify themselves as Asian, the city’s largest minority.
51 percent of the households have incomes of more than $75,000.
60 percent of the residents have “white collar” occupations.

 “Carmel is a safe and comfortable community.  The government is active and responsible, and there is true harmony between business, government, and citizens.” – a recent quote from Carmel Fire Chief, Keith Smith.

We welcome you as visitors to our city at any time!



びょうき、しゅっさん、こそだて、がっこう、てつづき



年会費

■個人会員
 ・一般:2,000円
 ・学生(高校生を除く):1,000円
■高校生:無料
■家族会員  3,000円
■団体会員 10,000円

河内長野市国際交流協会

〒586−0025
河内長野市昭栄町7−1
市民交流センター(KICCS)3階
Tel: 0721-54-0002
Fax: 0721-54-0004
Mail: office@kifa-web.jp