コンニチハ!日本語サロンです

KIFAリポート90号掲載 (2014年7月発行)

私の仕事


顧国恵 さん(中国)

 私は顧国恵(gu guo hui)と申します。中国天津から日本に来て、今年の11月で10年になります。
 日本のことは何も知らず、誰も知らず、日本語もわからず、最初来日した時は毎日家の中に閉じこもっていました。今では懐かしく思います。
 日本語サロンを知り、日本語サロンの先生方に日本語の『あいうえお』から教えて頂き、日本の文化、礼儀作法等もいろいろと勉強することができました。先生方には本当に感謝しています。
 日本語が少し理解できるようになり、話せるようになると、外に出て働きたくなりました。最初、中国人の友人の紹介で大阪市内の市場で勤めましたが、仕事内容に納得ができず数か月で辞めました。そして、主人に内緒で一人ハローワークに行き、近くの大学病院の厨房で働くことが出来ました。毎日の労働で節々が痛みましたが頑張りました。
 その後、主人の勧めでヘルパーの資格を取り、今は特別養護老人ホームのデイサービスで働いています。昔、中国で父の介護をしたことがあり、その経験を生かせればとの思いもありました。
 朝は利用者の方を迎えにいきます。施設に着いたらお茶の接待、入浴や食事やトイレ等の介助、会話、体操、ゲーム、おやつ、カラオケ大会等があり、動き回ります。そして、ご自宅への送りとどけがあります。ご家族との簡単なあいさつ程度の会話もします。


 日本の歌謡曲は苦手ですが何とか歌える曲も出来ました。クイズや体操も苦労しています。私の掛かり付けの内科医の先生は「あなたは毎日とても良い勉強をしていますよ」と言って励まして下さいます。 
 いろいろと日本のおじいちゃん、おばあちゃん(利用者の方)たちとふれあう時には日本の文化など私が知らないことを教えてもらって、私の方が勉強しています。また、おかしな日本語を(自分では普通に会話していると思っているのですが)言って、日本のコメディアンのようだと笑われています。私が出勤しているときは、利用者の方々の笑いが多いそうです。利用者の方や、職員の方たちからは、グー(顧)さんと呼ばれています。まだまだ勉強不足ですが、日本の福祉に少しでも貢献出来るように頑張りたいと思います。



びょうき、しゅっさん、こそだて、がっこう、てつづき



年会費

■個人会員
 ・一般:2,000円
 ・学生(高校生を除く):1,000円
■高校生:無料
■家族会員  3,000円
■団体会員 10,000円

河内長野市国際交流協会

〒586−0025
河内長野市昭栄町7−1
市民交流センター(KICCS)3階
Tel: 0721-54-0002
Fax: 0721-54-0004
Mail: office@kifa-web.jp